屋形船はこう選ぼう

飲み会やイベントの会場といえば、皆さんはどのような施設を思い浮かべるでしょうか?
昨今では飲食業界が激しい生き残り戦争を勝ち抜こうと、様々なサービスを展開しています。
そんな中で注目を集めているのが屋形船です。
屋形船は他の飲食店と一線を画す独自のサービスで、お客の心を掴んでいます。
ゆったりとしたスピードで河川や海を周遊することで、景色の変貌と風雅な雰囲気を演出しているのです。
屋形船を提供している業者はいくつもありますが、それを選ぶうえでの注意点も多の飲食店と異なるといえます。
今回は屋形船を選ぶうえで注意したいポイントを詳しく見ていきましょう。
屋形船は港や河川敷といった場所から乗り入れすることになります。

しかし、お酒の席を開催するのであれば、そこまで車で行くというわけにはいきませんよね。
そこで屋形船業者の多くは送迎サービスというものを行っているのです。
屋形船業者を選ぶ際には、まず送迎サービスから比較していきましょう。
参加者の自宅や職場に近い場所を送迎の起点としている屋形船業者の方が、参加者は利用しやすいのです。
いくらお酒や料理が豪華でも、参加者が屋形船に乗るまでに疲れてしまうようなアクセスでは
イベントを楽しむことが難しいといえます。

そのため、屋形船業者の送迎ルートや起点となるポイントをチェックしておく必要があるのです。
アクセス面で候補を絞ったら、次は予算との兼ね合いになります。
屋形船は貸切する場合、一般的な飲食店よりも高くつく可能性があります。
安いところもありますが、1万円以上の予算を見て置いた方が選択肢の幅は広がるといえるでしょう。
オプションとして演奏家やコンパニオンといった業種の方々を呼び寄せる場合は
食事やチャーター代にプラスされることになるのでご留意ください。
屋形船独自の観点としては、周遊ルートというものがあります。
周遊ルートとは、屋形船がどのようなルートでお客を乗せて航行するかという意味合いです。

例えば、夜景が綺麗なルートを周遊して欲しいという希望をお持ちでしたら、
屋形船業者に相談したうえでルートを決めると良いでしょう。
口コミサイトなどでも確認は可能ですが、実際に運営している人だからこそ知っている情報もあるからです。
屋形船業者ではお客が心地よい時間を過ごすために、様々な工夫を施しています。
貸切利用を推奨している屋形船もあれば、乗り合い屋形船でリーズナブルな宴会を
楽しめるところも見受けられるので、予算に応じて使い分けることをおすすめします。
上記のような観点を意識しつつ、屋形船ならではの優雅なひと時をお過ごしください。

屋形船といえば天ぷらともんじゃ!その理由とは?http://www.funatabi.jp/column/detail/153/

屋形船ビギナーのために

社会人として働き始めてから様々なことを経験したという人も多いでしょう。
しかし、働いている人の中でも屋形船を頻繁に利用しているという人は稀といえます。
屋形船での宴会がリーズナブルになりつつある現代でも、
やはり船の上で食事をするという非日常を何度も味わう人は少ないのです。
今回は屋形船にあまり乗ったことが無い、屋形船での飲み会で幹事をしたいけれど
屋形船の経験が少ないという方にぜひ知っておいていただきたい知識をご紹介します。
屋形船は一般的な飲食店とは異なり、貸切利用をする際に申込金を支払うことがあります。
屋形船業者を探したら、まずは電話で連絡を取ってみましょう。

ホームページなどで確認出来る情報で充分という場合には必要ありませんが、
おすすめの料理や無料のサービスなど業者によって異なる点については事前に確認しておいて損はありません。
実際に予約をする際には、インターネットを利用するのか電話しか受け付けていないのか業者の方式に従うようにしてください。
このとき、屋形船を利用する人数やコースに関して業者に伝えることになります。
そのため、参加人数について確定してから連絡を取るというのが鉄則です。

急に参加人数が変更になってしまうと、特に貸切の場合はお客の側がキャンセル料を聴取される恐れがあります。
一般的な飲食店よりも準備が難しいという屋形船の事情も考慮しながら、
幹事となった方は参加人数の管理に努めましょう。
貸切の場合は屋形船業者に申込金を支払うというのが一般的です。
これは、いわゆる前金制度であり、突然のキャンセルや予約だけして
実際にお客が来なかったというケースでのリスクを担保する意味を持ちます。
金額は業者によって異なるので、きちんと調査してから支払うようにしてください。

最近の屋形船業者は、お客をバスなどで送迎するというサービスを行うところが増えてきました。
屋形船ではお酒を飲むことも多いですし、河や海に近いエリアから乗り込むことになるのでこうしたサービスは嬉しいですよね。
屋形船業者はこちらが指定した人数を運べる乗り物で送迎してくれます。
急に人数が増えてしまったといったというケースでは、なるべく早く業者に連絡を取るようにしてください。
屋形船に乗り込んだら、いよいよ宴会の始まりです。
幹事の皆さんは飲み会が始まる前に、宴会が盛り上がったときに延長は可能なのか、
帰りの送迎はどうなっているのかという点を業者側に聞いておきましょう。

居酒屋やレストランでの飲み会とは一味違う屋形船ですが、その分風流で優雅な時間を過ごすことが出来ます。
屋形船初心者の皆さんも、ご紹介したような点に注意しながら楽しいときをお過ごしください。

屋形船の不安を解消

屋形船で開催される飲み会に誘われたけれど、今までに屋形船に乗ったことが無くて
いろんな不安を抱いているという人もいると思います。
初めての場所は誰しも不安を覚えるものですが、それを解消してから臨めば楽しみも倍増することでしょう。
そこで今回は、初めて屋形船に乗る人が悩みがちなポイントに関する解消法をご紹介します。
屋形船が通常の飲食店と異なるのは、船の上で料理やお酒をいただくという点です。
船酔いや車酔いが酷いという人の中には、屋形船という言葉を聞いただけで酔うのが怖いという方もいるかもしれません。
しかし、屋形船は一般的な船と比べて揺れにくいというのが正直なところです。
横幅が広く高さがない設計が多い屋形船は、揺れに比較的強い傾向にあるのです。

また、屋形船で航行する川や海は穏やかなルートを選んでいることが多いので、
普段酔いやすい人でもあまり気持ち悪くならなかったという話も聞きます。
それでも不安という人は、乗り物酔いを予防する措置を採っておくと良いでしょう。
酔い止めの薬を飲んでから乗船するという方法を思いつく人もと思いますが、
お酒を飲む場合には飲み合わせにご注意ください。
薬を飲んでいるという理由でお酒を断るというのも一つの手段です。
内臓の調子が悪いと吐き気を覚えやすくなるので、屋形船に乗る前日や当日の食事は
軽めのものにしておきましょう。

お酒に弱い人は、酔っぱらった身体が船酔いも引き起こすことがあります。
肝臓の働きを補助するドリンクなどを飲んでおくと、お酒に酔いにくくなるのでお試しください。
天気の悪い中で屋形船に乗ることに対して不安を抱く人もいると思います。
屋形船業者はプロの集団ですから、お客を危険に巻き込むような天気の中での航行をする可能性は低いでしょう。
万一航行不能となった場合は、当日に連絡が行くことになりますので、
幹事の方は連絡を受け次第対応することになります。
屋形船でのイベントにおいて、コンパニオンを呼んでみたいけれど、
どのように手配したら良いかわからないという人はいませんか?
コンパニオンについては、屋形船業者が手配してくれるものと
自分でコンパニオンを手配して屋形船業者に連絡を付けるという方法があります。

前者の場合には、屋形船業者のホームページから業者に連絡を取りましょう。
コンパニオンの料金はお客一人当たりにコンパニオン何人という単位で計算されることが多いので、
予算と相談のうえでコンパニオンの人数を決定してください。
後者の場合には、コンパニオンを手配する会社と屋形船業者がコネクションを持っているケースがあります。
この場合はコンパニオンの手配業者から屋形船業者に連絡がいくので、そちらにお任せしましょう。
もしそうでない場合は、屋形船業者にコンパニオンを乗せてよいかを確認したうえで、
コンパニオン手配会社と連絡を取ることになります。

屋形船で食べられる料理

飲み会やイベントで花形となるのが、卓に盛り付けられた料理の数々です。
お店の雰囲気や前評判があまり好ましなかったとしても、実際の食べた料理やお酒が美味しかったら、
そのお店に良い印象を抱いたという経験をおお餅の方もいることでしょう。
屋形船での宴会というと、どのような料理が食べられるのか気になる方もいると思います。
そこで今回は、屋形船で提供される料理について詳しく見ていきましょう。
屋形船は基本的に河川に船を浮かべ、それに乗り込んで宴会などのイベントを開催するというシステムを採用しています。

また、屋形船は急流というよりも流れの穏やかな川下をクルージングするのが一般的ですから、
屋形船の事業所は海に近いところに位置することが多いのです。
こうしたことからも、屋形船では魚介料理を提供するお店が少なくないのです。
屋形船で食べられる魚介は、海の幸だけでなく川魚も豊富といえます。
河川は海と山を繋ぐ役割も果たしているので、山菜などの山の幸を提供してくれることも多いといえます。
屋形船は大抵の場合和の雰囲気を前面に押し出しています。

そもそも屋形船が最盛期を迎えていた江戸時代では、洋食がほとんど参入していませんでしたから、
その時代の雰囲気を再現した現代の屋形船でも、和食を中心に提供されるケースが良く見られます。
面白い試みとしては、お寿司屋さんが屋形船を営業しているという形式にもご注目ください。
魚のプロフェッショナルであるお寿司屋さんが握ったお寿司を屋形船で食べる。
なんとも贅沢な試みではありますが、現実にこれを楽しむことが可能なのです。
屋形船で食べられる料理は和食に限りません。
フレンチやイタリアンなど、世界各国の料理を提供するタイプの屋形船もありますし、
贅沢なフルコースを堪能出来る屋形船も人気を集めているのです。

屋形船で宴会を開きたいと考えた場合、まずは料理の種類から絞り込んでいくというのも一つの手段です。
屋形船の営業所をホームページで探すのであれば、「屋形船 和食」といった具合に
料理のジャンルと一緒に屋形船を検索すると良いでしょう。
屋形船業者のホームページでは料理に関する情報も記載されていますから、
ご希望のジャンルの料理を提供している屋形船を簡単に見つけることが出来るのです。
格式張った雰囲気が苦手という人は、リーズナブルな屋形船をご利用ください。
学生でも楽しめるような値段の屋形船であれば、値段相応のフランクな雰囲気での宴会を企画することも難しくありません。
屋形船の料理に注目して宴会を盛り上げましょう。

屋形船で飲み会をするメリット

飲み会の会場といえば、居酒屋やレストランといった場所を思い浮かべる人が多いかもしれません。
こうしたお店は気軽に利用しやすく、料理やお酒も美味しいところが増えています。
しかし、飲食店が星の数ほどある地域でも、屋形船で宴会を開く人が少なくないのです。
今回は屋形船で飲み会をするメリットについて詳しく見ていきましょう。
そもそも皆さんは、飲み会に対してどのような効能を求めているでしょうか?

効能というと大げさかもしれませんが、飲み会に参加することでストレスを発散したい、
仕事や人間関係の辛さを少しでも忘れたいと考えたことはあると思います。
そんなときにスパイスのような役割を果たしてくれるのが非日常の雰囲気です。
電車やバスで通えるような場所にあるお店では、完全に日常と切り離されるのは難しいといえます。

しかし、屋形船は川面を漂うことで普段の生活とは一味違った世界へと旅立つことが出来るのです。
水辺だからこその涼しい風が窓から吹き付け、夏場でも快適に過ごせることでしょう。
冬であれば木枯らしを浴びることなく、イルミネーションなどで
飾り付けられた町並みを見ながら温かい料理に舌鼓を打つことが可能です。
屋形船は動く宴会場ですから、刻一刻と外の風景が変化しています。
料理を食べている間に自分が見たこともないような風景に出会えるかもしれないという、
ワクワクした気持ちを思い出させてくれるのです。

アクセスの面では一般的な飲食店に劣ると思われがちですが、
最近では屋形船の乗り場までの送迎バスを用意している屋形船業者も増えているのでご安心ください。
屋形船では、追加料金を支払うことでさらに上質のサービスを満喫することが出来ます。
例えば、和太鼓や三味線といった和の音楽を演奏してくれる屋形船業者にご注目ください。
普段なかなか耳にすることが無い音色は、私たちの心に眠る輪の音楽への郷愁を刺激すること請け合いです。

こうしたイベントを盛り込むことによって、飲み会がさらに盛り上がっていきます。
屋形船の飲み会では、多くのケースで手土産を購入することが出来ます。
佃煮や煮つけといったお酒のおつまみになる食品や、
法被や手ぬぐいといった宴会の雰囲気を持ち帰るようなグッズなど、屋形船業者が工夫を凝らしているのです。
また、料金プランが豊富なのも屋形船で宴会を開催する魅力といえます。
和風や洋風、中華など料理の種類によってコースを変えることも可能ですし、
ランチタイムやディナーという時間ごとにコースを区切っている屋形船業者もあるのです。
さらには、女子会コースや学生限定割引プランなどお得に屋形船をご利用いただけるコースも揃っています。